広島の浮気調査・素行調査│たくみ探偵興信所

お問い合わせメールフォーム
0120-616-511相談無料
コロナウイルス対策への収益の一部寄付・たくみ探偵興信所のコロナウイルス対策について
弊社は「明倫国際法律事務所」を始め「各地の法律事務所」と連携し、代表者の「捜査一課刑事」としての実績を基に、お客様一人一人に安心してご依頼頂けるよう日々努めております。「広島支社」では「広島県・岡山県・山口県・島根県・鳥取県・四国地方」のご依頼でしたら、「基本料金は無料」で「調査費用のみ」の料金で調査をご利用頂けます。費用が心配なお客様もお気軽にお問い合わせくださいませ。
幅広い人脈に裏打ちされた法的手続きに強い探偵事務所

不貞の定義

2018-12-12

今回は不貞の定義についてご説明させて頂きます。
まず、多くの方がどこからが不貞行為となるのか疑問に思われているかと思います。

不貞行為(ふていこうい)とは、夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「貞操義務違反」とされており、法律上は民法第770条第1項に規定された、法定離婚事由として認められる離婚原因のひとつです。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、
一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

では、どのような行為が具体的に「不貞行為」になるかですが、弁護士の意見では

「成人の異性2人(複数は不可)」

「一定時間(おおむね2~3時間)以上」

「密室に滞在すること」

という意見が多いようです

また、「不貞行為」が原因で離婚をする場合、上記の証拠は「最低2回以上」は
必要になります。


というのも、不貞行為があれば必ず離婚の請求が認められるわけでなく、裁判所は不貞行為がある場合であっても、「一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる」と、これもまた法律で定められているためです。

このように裁判所の裁量で請求を棄却することを裁量棄却といいますが、不貞行為が原因の離婚の訴えで裁量棄却が下された事例はそれほど多くはないようですが、もしも、という事が起こらない様に準備は行った方がいいかと思います。


たくみ探偵興信所では、経験豊富な相談員がお客様へのアドバイスと豊富な法知識を持って、調査・アフターフォローまで親身にご対応させていただきます。

広島の浮気調査でお悩みのお客様は弊社フリーダイヤルもしくは、LINE・チャットにてお問い合わせがしやすいやり方でご連絡くださいませ。

※広島支社は「中国地方」ならびに「四国地方」を管轄とします。

よって、広島県はもちろんのこと「岡山県」「山口県」「島根県」「鳥取県」「愛媛県」「徳島県」「高知県」「香川県」の調査の依頼を受けており、その調査につきましては、「管轄区域内」に限り「出張料等」は発生いたしませんので、ご安心くださいませ。

LINE@たくみ探偵興信所

電話相談はちょっと・・・という方のために、たくみ探偵興信所公式LINE@を開設いたしました。
LINEのチャットでお気軽にご相談いただけます。

© 2016 たくみ探偵興信所